ペット サプリ 白内障

わたし

うちのペットは若いときから黒目がうっすらと濁っていて、声を聞くまでは主人の私にも吠えます。

 

サプリを飲ませているせいかまだ白内障にはなっていません。

 

ちなみに、私が飲ませているのはこちらのサプリです。

 

ネットでの評判も良かったの購入しました。

毎日愛眼
毎日愛眼 愛犬の目の健康の為に6つの栄養素をまとめて摂ることができるサプリメント。緑内障・白内障・ぶどう膜炎などの眼病予防。目の中の雑菌の増殖を抑え、更に腎臓・肝機能の向上に効果的。
※ペットが食べなくても安心。商品到着から30日以内なら全額返金保証で解約OK。

 

⇒ 『毎日愛眼』公式サイトはこちら

価格 容量 評価
初回980(税込)送料無料
2回目以降2,498円(税込)送料別
1袋60粒 ペット,サプリ,白内障

サプリメントの栄養

ペット1

もともと栄養に限らず、さまざまなものの不足を補うという意味がある英単語が、サプリメントです。

 

明確なサプリメントに関する定義がすでにあるのがアメリカですが、食品の一部として扱われている日本ではサプリメントには種類がないようです。

 

サプリメントを薬のようなものだと思っている人も、錠剤やカプセル剤の形状をしている商品が多いのでいるのではないでしょうか?

 

見た目は似ているようでも、全く異なるものだといえるのが、薬とサプリメントです。

 

薬は白内障の治療を目的として、基本的には体内に存在しない成分を取り入れるために作られたものです。

 

毎日の食事で取り入れている栄養成分を、より手軽に摂取するためのものが、白内障対策のサプリメントだといえます。

 

天然の食材を用いたペットフードだけでは、栄養が足りなかったり、偏りがあることも考えられ、栄養素の不足時に利用するのがサプリメントです。

 

私たち現代日本人のペットは食事に困ることがまず無いですので、本当に栄養不足という状況が起こりえるのか、信じられないと思う人もいるのではないでしょうか?

 

さまざまな理由で、栄養素の摂取に偏りがないペットが、近年では見られるようになってきました。

 

食事での栄養素が偏よらない理由としては、ペットフードに含まれるビタミンやミネラルが、いろいろ考えられて製造されているからです。

 

理由の1つとして、ペットを飼う人口が増え、それに伴いペットの健康に目が届くようになったからです。。

 

時にはサプリメントも必要となってくるのは、白内障もそうですが、個別の症状の改善のために微量栄養素の摂取を難しくしている、とも言われているからなのです。

白内障予防のサプリメントの購入について

ペット2

ペット用のサプリメントを購入する人は、白内障など何らかの目的を持ってサプリメントを買います。

 

多くは長生き目的だと言われています。

 

サプリメントを使うことで健康寿命が延びたというペットは多いようです。

 

反対に殆ど効果が見られない、何かしらの健康被害を受けてしまったというような最悪のケースもあるようです。

 

サプリメントに関しては薬事法で、白内障が治ったり、効果があるという様なはっきりした書き方はできないようになっています。

 

白内障を予防したいという目的のサプリメントや免疫力を上げたい場合に使うサプリメントという書き方で、効果を言い切るような形はわざと避けます。

 

そのサプリメントがどのような作用があるか知りたければ、成分や原材料などから自力で調べることになります。

 

ですが、サプリメントを購入するに当たって、成分や原材料をチェックした上で下調べを済ませているという人はごくわずかです。

 

ネット通販にしろ店頭購入にしろ、十分吟味せずに買ってしまう人が大半です。

 

製造会社がそんなサプリメントを販売したことで、ペットに合わずにトラブルになったという考え方もあります。

 

とはいえ、十分な知識を持たずに商品を購入し、いい加減な使用方法をしていれば飼い主にも責はあります。

 

報告されている健康被害の約半数は、1日の規定量よりも、多く取りすぎてしまった過剰摂取によるものも多いそうです。

 

ペット用のサプリメントは体重別に摂取する量が違うことが多いので気をつけましょう。

 

数多くのサプリメント紹介記事を見ているとどれもこれも体に良いような気がしてきますが、購入する時は慎重に、白内障に合うサプリメントを探し出す必要があります。

ペットの白内障とサプリメントの効果

ペットの白内障にやさしい栄養成分を多く含むブルーベリーを利用したサプリメントは、とても人気のサプリメント商品となっています。

 

ブルーベリー以外に、ペットの白内障にいいと言われている食材としては、ヤツメウナギやメグスリの木があります。

 

食品ではなく、サプリメントという形で使う人も増えています。

 

昔から果物として食べられていたブルーベリーは、薬のような過剰摂取の害や副作用のリスクはなく、安心して利用することができるでしょう。

 

ブルーベリーに含まれる栄養成分は主に眼精疲労や目からくる肩のこりなどによく効くと言われています。

 

ブルーベリーから摂取できる成分には、夜中の車の運転で視界をはっきりさせる作用があります。

 

アントシアニンという栄養素が、ブルーベリーがペットの目の疲れからの回復に効果があると言われる根拠となっています。

 

ブルーベリーのサプリメントを飲むようになってから、前よりも物が見やすくなったという話もよく聞きます。

 

ただし、確かにブルーベリーにはペットの白内障にいい成分が含有されていますが、サプリメントで白内障の治療ができるということはないようです。

 

確かにサプリメントはさまざまな有効成分が濃縮されています。

 

ブルーベリーを熱を通したり加工して食べるより、フレッシュなブルーベリーを摂取する習慣をつける方が方法が肝心で手軽だといいます。

 

サプリメントでペットの白内障が良くなるというよりは目の疲れを回復する効果や眼精疲労から来るさまざまな不快な症状を和らげるといった効果を期待して利用した方が無難だとも言えます。